宮城県仙台市太白区の諏訪神社(すわじんじゃ)

  • HOME
  • メール

ご祈祷

私たちは古くから人生の節目ごとに、さまざまな儀礼・行事を行ってきました。入学・結婚・子供の誕生など、人生の節目ごとに家族や地域を挙げてお祝いしてきました。
そうした身近な人生のまつりを通して、私たちは神さまの存在を感じていたのではないでしょうか。 この人生のまつりに込められた願いを見つめなおしてみませんか。

安全祈願

子供は、神さまから"授かる"といい、神さまからの恵みと考えられてきました。妊娠5カ月目の戌の日に神社にお参りし、安産を祈願し、帯祝い行います。帯祝いとは大切な子を授かった身に感謝し、岩のように丈夫に育ちますようにとの意味の込められた「岩田帯」をしめる習わしのことです。犬は多産で安産であることから、これにあやかってこの日にお参りします。 最近ではこの伝統的な腹帯の有効性が改めて見直されてきています。

初宮参り

子供が初めて神社にお参りする初宮参りは、氏神さまに誕生の奉告(ほうこく)と御礼をし、氏子として今後の健やかな成長を神さまに見守ってもらうようにと祈願するものです。一般的に男の子は三十一日目、女の子は三十三日目に行われていますが、地域によって異なることもあります。
子供の体調や天候などにも気を使い、一般的にはこれらの期日の前後で、最良の日を選んでお参りをします。

七五三

三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児は晴れ着を着て、家族そろって神社にお参りし、これまでの子供の成長を神さまに感謝し、これからのさらなる成長をお祈りします。
七五三は、この年頃の子供の年祝いをする古くからの風習に由来するもので、三歳の「髪置」五歳の「袴着」、七歳の「帯解」の祝いがありました。
「髪置」は、男女児ともに行われた儀式で、それまで剃っていた髪をこの日を境に伸ばし整え始めたとされています。 男児の五歳は「袴着」といい、袴を着け始めたことに由来します。
七歳の女児は「帯解」といい、それまで付け紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました。 七五三を終えると、地域社会の一員として扱われるようになったのです。

千歳飴
七五三には欠かせない千歳飴には鶴、亀、松竹梅などめでたいものが描かれています。
子供の幾久しい健やかな成長を祝い願って、千歳飴と名付けられています。

厄年を安心して過ごすために厄年祓

厄年を迎える年齢はちょうど精神的・社会的・身体的に転換期を迎える時期と重なり、体調を崩しやすいものです。男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳で、中でも男性42歳は「死に」、女性33歳は「散々」に通ずる語呂合わせから、大厄とされ、特に慎むことが必要とされ、神社にお参りをして厄払いをします。

正月が過ぎてからもう一度、門松を立て、餅をついて新年を迎える祝いをし、正月を二度行うことによって、年齢を進めて厄年を通過したとするところもありますし、人を招いて御馳走をし、同じものを食べることによって、厄を分散するところもあります。

日々の交通安全を祈願する交通安全祈願

車社会の現代、自動車を運転する人をはじめ、通勤・通学・日常生活での交通の安全をお祈りいたします。
その他、家内安全・合格祈願・心願成就・病気平癒などの諸祈願も承ります。

ページトップへ