宮城県仙台市太白区の諏訪神社(すわじんじゃ)

  • HOME
  • メール

出張祭典

地鎮祭 土地の神をお祭りする

地鎮祭は、家を建てるときにその土地の神をお祭りするものです。区画された土地の中央に斎竹(葉のついた竹)四本を立て、注連縄を張り廻らします。これが祭場なります。さらに祭場の中央に神籬(ひもろぎ)(榊に麻・紙垂をつけたもの)を立て、神様の依代とします。ここに神々をお招きして、その前に神饌(米・酒・魚・野菜・果物・塩・水など)をお供えして祝詞を奏上し、工事の安全と守護をお祈りするものです。

建築主が中心となる神事ですが、欠くことのできないのは工事関係者です。工事には不慮の事故がありますから、関係者の地鎮祭に寄せる思いは格別のものです。
神事の後、続けて直会・祝宴があります。直会は、神々にお供えしたものをいただく行事で、一般に御神酒で乾杯します。

上棟祭 柱が立ち棟木があがったときに行うお祭り

上棟祭は基礎工事が終わって柱が立ち棟木があがったときに行う行事です。建物の堅固長久と工事の安全をお祈りします。棟上げともいい、元来は棟梁の主催するお祝いの行事でした。
式次第の概略は屋上の祭場正面に上棟幣、弓矢を飾り、その前に神籬を設けて修祓の後、降神を行います。続いて献饌と祝詞奏上、「エイ、エイ、エーイ」の掛け声とともに棟木を棟に上げる曳綱の儀、棟木を棟に打ち固める槌打の儀が行われます。この際「千歳棟・万歳棟・永永棟」と声を発します。そして餅や銭を撒く散餅銭の儀。災禍を祓い除くものです。 その後玉串礼拝、撤饌、昇神の儀と続いて神事は終わります。
略儀の場合は、棟木をすでに上げておいて祝詞奏上の後、散餅銭の儀のみを行ったりします。 いずれにせよ、祭儀の終了後は直会・祝宴があります。
餅や銭は、東北・西南の方位に撒くことから、方位の神さまに散供する意とも、また福を頒ける意ともいわれます。

竣工祭/新宅祓 土地の神をお祭りする

建物が完成し入居する前に行う神事です。新築した家屋を祓い清め、永く久しく安全堅固であることとその家に住む人々の繁栄を祈願します。お祭りする神々は上棟祭と同じです。

祭場は、家屋の中心となる座敷などに設けるのが一般的です。参加する際の心得としては、お祝いの行事に列するということを忘れずに、服装も場所に応じて改めるのがよいでしょう。

お祝いに家具や調度品を送る場合もありますが、「玉串料」「御祝」などと墨書きし、金員を持参します。 竣工祭は企業の社屋が完成した場合など、新宅祭は一般家庭の家屋が完成した場合に行われます。

安全祈願祭 安全と土地の安定とを祈願

安全祈願祭とは、工事着手にあたり執り行われる祭事で、土地の守護神を祭ることによって工事の無事、安全とその土地の永続的な安定とを祈願するものです。

ページトップへ