ご由緒

創設について

第七十代後冷泉天皇の天喜4年(西紀1056年)、陸奥守鎮府将軍源頼義公が阿倍頼時を征し、地方人民を治めるため衣食住の守護神である諏訪の大神を勧請し、創建した社である。

神社の歴史

その後第103代後土御門天皇の文明年間に粟野助五郎大膳、亮忠重の子、右京之助、遠江国定祀堂を改造す。
第106代正親町天皇の永禄年間、北目城主粟野多門国重祀堂を再造す。
其の後、青葉城主伊達家より生産業(五穀豊饒)の御神徳あらたかな守護神として尊崇された。
大正11年(1922年)、古来の境内地(諏訪町)は長町操車場に指定せられ大正13年(1924年)現在地に移築遷座す。
移築遷座した社殿も氏子、崇敬者の”幸”と”地域の発展”の為御神威を現し常に篤信仰で奉られて参ったが、社殿の雨漏れ、土台の沈下、老朽化が進み、平成16年12月、社殿移築す。

左・八雲神社 素盞鳴尊 / 中・深山神社 大山祗神 / 右・明神社 稲荷大神

ご神徳

人間生活の根源である衣食住の守護神として敬仰され、水源の神、風の神として農業を見守る神(五穀豊穣)武神(勝負の神、武運長久)、交通安全、開運長寿の神社として、氏子、崇敬者の心の”よりところ”となり、日々多くの方々が参拝におみえになられます。

山神社

「山の神」と「木華開耶姫命」

参道をまっすぐ進むと正面に御社殿が有り、御社殿の右側にはたくさんの石神様が祀られております。
こちらは、現在の宮城県遠田郡美里町に鎮座し、”生命を司る神”子授けの神様で親しまれている「小牛田山の神」とその娘神様である「木華開耶姫命」が並んで祀られております。
なかなかお子さんに恵まれなかったご夫婦が昭和57年頃に参拝にいらして手を合わせて神様に子供が授かる事をお願いした所、その後子宝に恵まれそのお礼として屋根付きの被いを奉納して頂いた事もございます。
お子様を授かりたい方は、お越しの際ぜひ足をお運び頂ければと思います。

キッズ

じんじゃれき

今から約1000年前(天喜4年)に、みんなの幸せを願い、衣食住の守り神である「すわ」という神様をまつるため、諏方神社ができました。これまで3回ほど建て直しや改築をしました。

どんなかみさま なの?

すわ神社の神様は、みんなの生活に欠かせない衣食住(いしょくじゅう)を守っていたり、水と風の神様として農業(のうぎょう)を見守っていたり、交通事故がおきないように見守ってくれています。

じんじゃにあるもの

鳥居(とりい)

鳥居は、わたしたち人間の世界と、神様の世界を分けるためにおかれています。そして、神社がとても大事な場所であることをあらわす注連縄(しめなわ)がはられていることもあります。鳥居をくぐるときには、「おじゃまします」の気持ちをこめて、その下でおじぎすると良いでしょう。

灯籠(とうろう)

灯籠(灯籠)にローソクを入れ、明かりをてらすことで、神様からのごりやくをたくさん受けることができます。 ローソクは、昔から悪いものを消してくれると言われています。

狛犬(こまいぬ)

こまいぬは、まものを神様に近づけないための「まよけ」の意味がこめられています。

手水舎(てみずや)

お祈りをする前に、心を清めるため、手を洗い口をすすいで身を清める場所です。